【6/8~6/30】お届け分受付中

ピンクのビーツパウダーはスーパーフード!

ご訪問ありがとうございます。

 

今日はケーキの材料について。

「原材料以外は使用していませんか?」というご質問をいただきました。

多分、保存料などを気にされてのご質問だったのかと思いますが、

作りたてを冷凍しているため、保存料の類は使用しておりません。

材料について、飼い主さまはとても気にしてらっしゃると思いますので、

時々こだわりの材料についてお話しようと思います。

 

マッシュポテトは、野菜パウダー、クチナシ色素(青)、食用竹炭(黒)、きな粉(ベージュ)で着色しています。

 

赤やピンクは最初、紅麹を使用していました。

あんこのお花絞りのレッスンをしておりましたので、最初手持ちの天然色素の赤は紅麹でした。

桜餅の着色にも使われる色素です。

 

色々な野菜パウダーを購入し試作しているとき(緑は、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草パウダーを比べてみました。)

ビーツパウダーを見つけました。

 

ビーツは、

「飲む輸血」「奇跡の野菜」と言われているスーパーフード!

 

まず、ミネラル豊富。

(ナトリウム、リン、鉄、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどが含まれています)

 

ビーツを摂取することにより、

NO(一酸化窒素)が体内で産生され、血行改善、血管をやわらかくする効果があり、

血栓を防ぐ効果があると言われています。

 

期待できる効果は

●動脈硬化の予防

●疲労回復

●基礎代謝UP

 

他にも、含まれる成分は

●ベタシアニン(ポリフェノールの一種。抗酸化作用がある)

●ラフィノース(腸内環境を整える)

●ベタイン(肝機能を高める)

などなど。

栄養がたっぷりのスーパーフードなのです!

 

また、紅麹は、少し苦みがあるのですが、ビーツは甘味があります。

わんちゃんは甘味を美味しいと感じるそうで、サツマイモや人参が大好き(ケーキの原材料でもあります)。

野菜パウダーは着色のために使用する分はごく少量ですが、赤くなるまで使うと味が付きます。

それなら、スーパーフードで美味しいと感じられる方が良さそう、と

ビーツパウダーに切り替えました。

 

(紅麹は、深紅のバラを作りたい時に、ビーツパウダーにプラスして使用しています)

 

スーパーフードのビーツパウダーは、ヨーグルトに混ぜるのもなかなかGOODです。

健康的な食品に興味があるママさんも、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

タグ

関連商品

Instagram インスタグラム