【5/6~5/31お届け分】
お届け指定不可日5/7,5/8,5/9

「ケーキの素材 ササミとマグロ」【獣医師 小林先生のコラム】vol.2

【獣医師 小林先生のコラム】vol.2

****************************************************************************************

ケーキ開発の際に食材や犬猫にとっての栄養等でアドバイスを頂きました、モノカどうぶつ病院 院長 小林先生のご協力のもと、大切なご家族であるワンちゃん、猫ちゃんの健康についてのコラムを定期的にメールマガジンとして配信いたします。ワンちゃん、猫ちゃんの健康管理の一助にしていただければ幸いです。

*****************************************************************************************

https://www.monoca.jp/

さて、今回はケーキの中に入っている≪ササミ≫と≪マグロ≫についてのお話。

 

◆ササミ

いわずと知れた低脂質、高たんぱく、炭水化物ゼロで人気の食材ですね。胃腸に優しく比較的アレルゲンになりにくい食材ということから、犬猫界でも古くから好まれてきました。ビタミン類は他のお肉に比べると少なめですが、近年は脂質が苦手な病気の子ワンちゃんも多く、犬猫ともにアレルギー体質も増えていますので、そういった子たちにはとても強い味方です。

 

◆マグロ

マグロは種類や部位にもよりますが、赤身には鉄分やタウリン、ビタミンEが、トロにはオメガ3系の不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。必須アミノ酸のバランスも良く良質なタンパク質としてもとても魅力的な食材です。

 

オメガ3系脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、アレルギー症状の緩和、血圧を下げる作用、免疫賦活作用などが知られています。

 

これらの脂肪酸は酸化に弱いため、例えば干物より刺身などに利用できる新鮮なものが良いです。また調理法により流れ出る量が違ってくるので加熱するなら流れ出た脂も利用できるフライパン焼きがお勧め。

 

ちなみにマグロの生食や常食にはいくつか問題がありますが詳細はここでは割愛します。そもそも高級食材でもあるので人でも毎日食べる習慣がある人は多くありませんね。

 

なお、猫缶に利用されているマグロは毎日与えても問題はないですし、人間が食べられるほど新鮮なら生で少し与えるくらいは何の問題もありません。

タグ

関連商品

Instagram インスタグラム